レンタルオフィスは通いやすく、会議も臨機応変にできる所へ

注目の記事
  1. 利用目的
  2. 移動は楽
  3. 値段の違い
  4. 設ける形
  5. 注意点
  6. 契約期間
広いオフィスルーム

注意点

レンタルオフィスは備品の準備や会場の設置などを行ってくれる便利なサービスです。しかし、あくまでも借りる形となるので、オフィス全体を自由に変える事は出来ません。内装を変える事も出来ないので注意が必要です。

Read more »


空いたオフィスデスクとチェアー

契約期間

契約を結ぶことで利用することができるレンタルオフィスの契約期間は、短くて「数時間」長くて「1年以上」レンタルすることができます。契約期限が長いほど利用料金は安くなるので、契約を長く結んでも負担になることはありません。

Read more »


移動は楽

念願の独立開業を果たしたものの、拠点となる事務所について考えあぐねていると言う経営者の方も多いのではないでしょうか。
特に開業したての場合は、資金に余裕が無いケースが多いことから、不動産などに掛かる費用はなるべく抑えておきたいという傾向があります。
その様な際に利用することが出来る便利なサービスとして、レンタルオフィスを挙げることが出来ます。
これまでの場合、不動産会社を介して賃貸用事務所を借りると言うケースが大多数を占めていました。
賃貸物件を契約する場合、礼金・敷金などある程度まとまった資金を必要とします。
しかし、レンタルオフィスの場合は、このような資金を用意する必要が無いのが大きな特長になります。

そのため、手元に資金の余裕が無い場合でも、会社としての体裁を整えることが可能となるサービスとして、人気と注目を集めています。
レンタルオフィスは、仕事を行うスペースの他にも、様々な事務的サービスも提供しています。
一例としては、契約した電話番号に受電した場合、電話が秘書役に転送されて応対することが出来るものや、郵便物や宅配便などを代わりに受取り、保管を行うサービスなどを挙げることが出来ます。
これらはオプションとして用意されていることが多く、必要なサービスを組み合わせて契約を行なうことが可能になります。
そのため、必要なサービスだけを受けることが出来、ニーズに応じた対応が可能となり、効率的な経営が期待出来ます。