レンタルオフィスは通いやすく、会議も臨機応変にできる所へ

注目の記事
  1. 利用目的
  2. 移動は楽
  3. 値段の違い
  4. 設ける形
  5. 注意点
  6. 契約期間
広いオフィスルーム

注意点

レンタルオフィスは備品の準備や会場の設置などを行ってくれる便利なサービスです。しかし、あくまでも借りる形となるので、オフィス全体を自由に変える事は出来ません。内装を変える事も出来ないので注意が必要です。

Read more »


空いたオフィスデスクとチェアー

契約期間

契約を結ぶことで利用することができるレンタルオフィスの契約期間は、短くて「数時間」長くて「1年以上」レンタルすることができます。契約期限が長いほど利用料金は安くなるので、契約を長く結んでも負担になることはありません。

Read more »


契約期間

念願の独立開業まで漕ぎつけたものの、事務所の確保について悩んでいる事業主の方もいるのではないでしょうか。
一般的には、不動産会社を仲介して賃貸事務所を契約することになりますが、礼金・敷金をはじめとする様々な諸費用がネックとなるケースもあります。
しかし、最近見聞きする機会が多くなったレンタルオフィスを利用することにより、資金面での問題をクリアして事務所を構えることも可能となります。
レンタルオフィスとは、様々な広さに区切られたビルのフロアを、他の起業と共に共同で利用するサービスになります。
一見すると雑居ビルのイメージと重なりますが、2年単位での契約が主流の賃貸物件とは一線を画した契約が、注目を集めています。

レンタルオフィスは、広さに応じて設定された料金を支払うことにより利用することが出来ますが、契約は長期はもちろんのこと、極めて短期間でも可能としている業者が多くなります。
そのため、都市部に進出するための開設準備室、などのように、ある程度の時期で閉鎖することが決定している際の場所確保としても適していると言えます。
このようなレンタルオフィスを運営している業者では、様々なオプショナルプランを提供することにより、付加価値を高めています。
一般的には、電話の転送、郵便や宅配物の受取り、住所の貸し出しサービスがあります。
また、会議室やミーティングスペースなども用意されている所がほとんどですが、利用料については別途確認が必要です。