レンタルオフィスは通いやすく、会議も臨機応変にできる所へ

注目の記事
  1. 利用目的
  2. 移動は楽
  3. 値段の違い
  4. 設ける形
  5. 注意点
  6. 契約期間
広いオフィスルーム

注意点

レンタルオフィスは備品の準備や会場の設置などを行ってくれる便利なサービスです。しかし、あくまでも借りる形となるので、オフィス全体を自由に変える事は出来ません。内装を変える事も出来ないので注意が必要です。

Read more »


空いたオフィスデスクとチェアー

契約期間

契約を結ぶことで利用することができるレンタルオフィスの契約期間は、短くて「数時間」長くて「1年以上」レンタルすることができます。契約期限が長いほど利用料金は安くなるので、契約を長く結んでも負担になることはありません。

Read more »


設ける形

近年、事業用不動産の中で需要の高まっている物件に、レンタルオフィスというものがあります。
レンタルオフィスとは使用可能人数が1名から数名程度という、通常の賃貸事務所よりも小さなスペースに事務用什器などをあらかじめ備え付けた物件のことをいいます。
初期費用を抑えてオフィススペースが確保できるという点が好評で、小規模ビジネスを展開する起業家などを中心に人気があります。
その人気の高さを反映して、最近では物件数もかなり増加しています。
ただし運営形態は各事業者ごとに千差万別なので、自分に合ったオフィス選びは慎重に行う必要があります。
たとえば什器の追加・交換はできるのか、破損・故障した場合の取り扱いはどうなるのかなどは事業者ごとに扱いが異なります。
また、法人登記の所在地として登録が可能な物件とそうでない物件があります。
契約の際には、こうした点に注意が必要です。

一方、物件ごとの特色を細かく検討することで、思わぬメリットを見出すこともあります。
というのも、事業者の中には単にスペースを貸し与えるだけでなく、入居者たちのビジネスの成功のためにさまざまなサポート体制を構築しているところもあるからです。
その代表的なものが、税理士や公認会計士、社会保険労務士といった専門職と契約し、さまざまなサービスの提供が受けられるというものです。
帳簿の整備や官公庁への届出など、定例的な業務を支援してもらえます。
また、経営コンサルタントを講師に招いたセミナー・相談会などを開催しているところもあります。
さらにユニークなところでは、同じビル内の入居者同士に交流を促し、共同事業を立ち上げる機会を提供するといった事例もあります。
こうしたサービスを上手に利用すれば、事業運営に役立てることができます。